So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

新しいブログを開設します [日記]

ここは,「マインドマップライフ」という「縛り」があったので,どうしても更新が滞りがちで,様々な情報を提供しにくいところになっていました。

ということで,この度,マインドマップに限らず,易経・易学,本・書籍,映画・DVD,その他日常の様々なことについて思ったこと,考えたことを,あれこれと発信するためのブログを新たに設けました。
マインドマップのアイアビリティーズ・ブログ

本サイトと同様,みなさまにとって役立つことはもちろん,楽しく読んでいただける話題を提供していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いします。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【講義録】易経講座「坤為地」 [マインドマップ活用法]

このブログも更新が滞りがちで済みません。
実は,自分のホームページを作成するのに集中しておりました。
ようやく先週の日曜日に公開しております。

マインドマップのアイアビリティーズ
http://i-abilities.com

こちらではマインドマップ講座の案内もしております。

興味のある方は是非どうぞご覧ください。

さて,昨日は,易経講座に参加してきました。

IMG_1665.jpg

『超訳・易経』などでおなじみの竹村亞希子先生の講座で,昨日のテーマは「坤為地(こんいち)」でした。64ある卦(か)のうちの2番目。全てが陽である「乾為天」と対になる,全てが陰爻で構成された卦です。

昨年の初夏に易に興味を持って以来,初めて講座を聴きにいく機会が得られて,なんとも幸せな時間でした。竹村先生ともお話が出来て本当にも感無量でした。

易とマインドマップ。これから追求してみたいテーマの一つです。



nice!(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【メルマガ発行】「1日1粒!『幸せのタネ』」

みなさん こんばんは

ブログの更新もさぼり勝ちなのに…メルマガを発行することにしました。
まぐまぐを使います。

個別ページができるのが明日ということなので,今夜と明日は宣伝活動ということにして,
第1号発行は明後日1月29日ということにいたします。

サンプル誌も明日には見られると思いますが,一応,ここにコピーしておきます。

※なお,本文中の「登録解除」のリンク先は1月28日以降に利用可能ということなので,
今日ご登録いただける方は,こちらからご登録ください。

一人でも多くの方に読んでいただければ幸いです。
よろしくお願いします。

メルマガ購読・解除 ID: 1626538
1日1粒!『幸せのタネ』
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ


<<以下「サンプル誌」>>
☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
 1日1粒!『幸せのタネ』
 〜〜心の土壌に蒔いた「幸せのタネ」が,いつしか
  あなたの人生を楽しく豊かなものにしていく〜〜
                 2014年1月26日 創刊準備号
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

------------------------------------------------------------------------
【今日の「タネ」】
ごあいさつ 「このメルマガはどんなメルマガ?」
------------------------------------------------------------------------

みなさん こんにちは
マインドマップインストラクターの須田です

マインドマップを通じて,人々の人生を楽しく豊かなものにしていく

そういう願いを込めてマインドマップを広める活動を
スタートしました。

「楽しく豊かな人生」には色んなスタイルがあります。
人によっても思い描くイメージはきっとさまざまでしょう。

どれも正解です。
あなた自身が「楽しく豊かな人生だ」と思えたらそれが正解なのです。

問題は,
どうすれば「楽しく豊かな人生」が送れるのか
ということです。

わたしは,キーワードとして「学び」を選びました。

福沢諭吉は『学問のすゝめ』のあの有名な冒頭文

 天は人の上に人を造らず,人の下に人を造らずと言えり。

の後に「それでも人には上下の差が生まれてしまう」と
書きました。そして,その原因は「学問」の有無だと言いました。

キーワードを「学問」とすると,今から大学や大学院に入らないと…
となってしまうので,もっと広く「学び」をキーワードにします。

「学び」をキーワードにさまざまな「幸せのタネ」をお届けします。

「学び」とは何か,という本質的な話。
「学び」の手段。つまり学習法といった話。
「学び」と「モチベーション」といった話。
あるいは,単なる「雑学」的な話。

どうでもいいような知識のストックが,あるとき大きな「学び」に
つながることもあるでしょう。

1日1粒。小さな「学びのタネ」ですが,それはすなわち
「幸せのタネ」です。

心の土壌にタネを蒔いているうちに,芽が出て,本葉が広がり,
いつしかあなたの人生を楽しく豊かなものにかえていくはずです。
そういう願いを込めて,毎日あなたのもとにお届けします。

================================
<<登録・解除はこちらから>>
http://www.mag2.com/m/0001626538.html
================================

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
発行責任者:アイアビリティーズ 須田將昭
ThinkBuzan公認マインドマップインストラクター
(ThinkBuzan Licensed Instructor in Mind Mapping)
お問い合わせ:msuda@i-abilities.com
【ブログ】楽しく豊かなマインドマップライフを全ての人に
http://happy-mindmap.blog.so-net.ne.jp
【Facebook】アイアビリティーズFacebookページ
https://www.facebook.com/iabilities
_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

<<以上「サンプル誌」終わり>>



メルマガ購読・解除 ID: 1626538
1日1粒!『幸せのタネ』
   
バックナンバー powered by まぐまぐトップページへ

nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

クリエイティブ・シンキングとマインドマップ [マインドマップ]

気がついたらなんと2週間以上,更新していませんでした。

今回は,『クリエイティブ・シンキング入門』(マイケル・マハルコ著)の中の課題をもとに描いたマインドマップをご紹介します。

この本は,「いかにしてクリエイティブな考え方を身につけるか」ということを解説した本ですが,言わんとしていること自体はそれほど新しいことでもなく,衝撃的!ということもありません。
ただ,課題が組み込まれているので,それを一つ一つ丁寧にやっていくことで,より理解が深まったり,考え方のトレーニングができたり,ということができるので,十分に楽しめる本でした。
※「こんなんやったことあるわ〜」という方が読むと楽しくないのかもしれませんが。

この第9章「考えつかないことを考え出す」の中に,思いがけない組み合わせを考えて,実現可能かどうかを考えてみよう…という課題があります。
あまり詳しく書くと楽しみが減るかもしれませんが…
いくつかあるテーマの一つが「自動車兼魚」というものでした。
「自動車であり魚である」
「魚であり自動車である」
そのようなものを考えて,実現可能かどうかを考える。。。

こういうのにマインドマップを使うと楽しく考えられそうです。少なくとも,直線的な形でノートに書き出してもなかなか難しいかもしれません。

creativethinking01.jpg

今回は,「自動車」と「魚」の二つのセントラルイメージを描き,それぞれからブランチを伸ばしてみて,あらためて見直してみて何か関連づけられそうなもの,結びつけられるものがないかを探っていき,思いついたのが「水中戦車」でした。泳いでないかもしれませんが…(汗)

実現可能かどうかというと,戦車の武器を「大砲」ではなく「魚雷式」にする,素材をさびにくいチタンにでもするなどで,できなくもなさそうですが,コストの割にあまり活躍しそうにないのが残念です…

遊びとトレーニングを両方楽しめるのがマインドマップのいいところです。
なお今回は事実上2枚のマインドマップを描くことになるので,A4のノートを見開きで使い,A3サイズで書いています。



nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

2014年初山歩き 〜竜王山から交野山〜 [山歩き]

交野山2014.jpg

今回はちょっとマインドマップから離れて日記的に。

この年末年始,次の活動に向けての勉強や下準備であれこれ忙しく,結局家に引きこもりの日々でした。
ちょっとさすがに疲れて来たので,気分転換を兼ねて近所の山に散歩に行ってきました。
家から山頂まで1時間半と少し。それだけの散歩でこんなに綺麗な景色が見られるというのは,かなり贅沢です。

北は京都の北山方面まで。西は大阪北西部,南の方は大阪市街地のビル群はもとより,空が澄んでいれば淡路島,神戸六甲まで見えています。わずか340mちょっとの山なのに眺望は抜群です。

今回は,久々の山歩きでした。昨年3月にぎっくり背中になって,しばらく山歩きを控えていたのです(山で身動きとれなくなると,周りに迷惑をかける度合いがとんでもないので)。
夏は異常に暑く,9月には台風の影響であちこちの山道が崩落・崩壊で通行止め…気がついたら年が明けていました(苦笑)交野の山の中も,あちこちのハイキングコースが今なお通行止めです。
山を歩かれる時には,事前にその地域の市役所やハイキング案内のサイトで最新情報をチェックされることをお勧めします。

今日はとにかく久々に山を歩けて気分もかなりスッキリしました。

よし,また頑張るぞ!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【読書MM】『コーチングの基本』 [本/Books]

「コーチングの基本」.jpg

この1冊ですべてわかる コーチングの基本』(鈴木義幸監修,コーチ・エイ著/日本実業出版社)

昨日に引き続き,読書マインドマップをアップします。

ほんの2週間ほど前のことですが「コーチング」に興味をもち,いくつか基本書などを読み始めました。それまでも「コーチング」という言葉自体は聞いていましたが,あまり自分のこととして引きつけて考えたことはありませんでした。

コーチングをされている方とお近づきになることが重なったのと,また,友達が困っているのに,うまくその人の思いや悩みを聞き出せず,何も力になれないのが悔しくて,なんか良いヒントがないだろうか…というのがそのきっかけでした。

コーチングは悩み事相談のための技術ではありませんが,その人の本当に達成したいと思っている目的を聞き出し,顕在化して,それに向かって目標を設定し,そこまでどうやってたどり着くか…その歩みを応援,支援していくのがコーチングであるなら,そこに込められている様々な考え方,技術は日頃からのコミュニケーションでも互いに心地いい関係を作るのにも非常に有効な側面もあるように感じました(少なくとも会社を辞めたばかりの私には,自分がコーチすべき部下は現在はいませんので…)。

また自分自身をコントロールしていくのにも,漠然と考えていた行動計画をもっと客観的に見つめ直して,自分が何をしたいのか,そのために何をなすべきか,何が足りないか,どうやって埋めて行くか…などなど具体的にしっかり考えるのに非常に役立ちそうだと感じました。いつかきちんとしたスキルを身につけたいと思います。

この本は,基本的な考え方,背景,スキルについて一通りのことがまとまっているので,実に分かりやすく,全体像をイメージするのに役立ちました。これまでに2冊,入門書的なものを読んでいますが,最初の1冊として読んでも十分理解ができそうです。

※ちなみにコーチングに関する本で最初に読んだのは『ザ・コーチ』(谷口貴彦著・kindle版)です。これは物語仕立てで,これも全体像,イメージをつかむのには良い入門書だったと思っています。






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【読書MM】『嫌われる勇気』 [本/Books]

「嫌われる勇気」.jpg

今回は読書マインドマップをアップします。

『嫌われる勇気』(岸見一郎・古賀史健/ダイヤモンド社)

昨年末に海浜幕張で開催されたTLI交流会の後の懇親会で勧められました。

昨日の夜読み始めたのですが,引き込まれるように読んで,数時間で読了。心理学の三大巨頭の一人とされながら,日本では他の二人(フロイトとユング)ほどには注目されていない…と表紙裏で紹介されているアドラーの考えを,分かりやすくまとめた一冊です。

ソクラテスの教えをプラトンが残したように,岸見先生の考えを古賀氏が分かりやすく対話形式にまとめています。「トラウマで人生は縛られない」ということを言われたら,誰でも「ええ!そんなことはない。現に私は苦しんでいる」と思うはず。そういう,いわば素直な反応をする若者と,それでも懇々と考えを伝える哲人との対話は,こういった分野の本を読み慣れていない人にも入りやすいんではないでしょうか。

過去に縛られて前に進めないのはバカらしい…と,読み終わったら感じることでしょう。
そして「今この瞬間にスポットライトを浴びよ」という考えは力強くあなたの新しい一歩を踏み出す励みになるはずです。新年の幕開けに,是非どうぞ。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【易】2014年の総合運勢 [日記]

みなさま 新年あけましておめでとうございます。

どんなお正月を過ごしていらっしゃいますか?
私はのんびり家族とおせちや雑煮を食べた後,昼からは「今年1年の総合運勢」を易でみていました。

「易でみた」と言っても,易経,易占に関する本を自分で読んだだけで誰かの指導を受けたものではないのですが,でも,易を通して色んなことを考えるのはとても興味深いものです。

今日はその細かいところは置いといて,マインドマップにまとめたことだけご紹介します。

2014運勢総合自分.jpg

易占では,筮竹を操作することで「卦(か)」が得られます。64卦のうちのどれかというものですが,その上で,6つの爻(こう)のなかでどれに位置するかというのも得られます。(略筮法)

私は「山天大畜」の「九三」という卦と爻が得られました。

易にはその卦が示すもの,それぞれの爻の示すもの,どのように占断するのか…という色々な情報があるのですが,それをコンパクトにまとめたのがこのマインドマップです。

今年は自分が習得して来たもの,身につけて来たものを,外に出て蒔いて行くというのに適しているようです。ただし,一応,外に出る前に自省して再度修練,修養を積みなさい…ということですので,講座を開講するまでにしっかり学びを見つめ直し,充実した内容をお届けしろ,そういうことと考えています。

なんというか,今年の自分が目指しているものにピッタリな卦が出ると,よしやるぞ!という気持ちになります。
nice!(3)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【贈り物】ビクトリノックス モンテチェロ15 [日記]

ビクトリバッグMM.jpg

みなさま,2013年大晦日をいかがお過ごしでしょうか。

2013年を振り返ると…突然の辞職という大きな人生の転機を迎えたわけですが,そこにいたるまでの経過も含めて,たくさんの人に支えられての人生だなとつくづく思います。

そして最後の最後に,「これからの仕事,頑張れ」という激励をこめてこんなにステキなプレゼントをいただきました。

ビクトリバッグロゴ.jpg

ビクトリノックスのモンテチェロ15というビジネスバッグです。
http://www.victorinox.com/jp/product/トラベル-ビジネスギア/カテゴリ/コレクション/アーキテクチャー-3-0/モンテチェロ15/31321901

公式サイトはブラックしかないのですが,オリーブドラブ色。これが実に良い感じの色です。
このロゴには赤が入っていませんが,赤が入っているのは日本向けモデルで,銀色だけのロゴプレートは世界共通モデルの区別だそうです。

15inchのMacBook Proもすっぽり収まりつつ,意外に横幅がコンパクトで,キュッとしまっています。今使っているビジネスバッグはやや大降りで,ちょっとボタッした感じがあるので,こちらをメインに移し替えます。

明日から新しい1年が始まります。新しい年を迎えるだけでなく,ポジションもフリーランスという状態になり,もちろん色々な不安もありますが,やるぞ!という気持ちがこのバッグのことをマインドマップに描いているうちにあらためてふつふつと沸いてきました
一人じゃなくて,応援してくれる,激励してくれる人がいるということは,パワーの源になるんだなとつくづく感じます。

マインドマップを描いていく過程であらためて気づき,深く感じたことですが,これがマインドマップの大きな力です。そういう気持ちに気づけたことで,不安よりもやる気が圧倒的になったわけで,それが自分の幸せにつながっていきます。

これからも,地道に,マインドマップを通じて幸せになる方法をお伝えしていきます。
どうぞよろしくお願いします。

みなさまどうぞ良き年をお迎えください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

【日記】スヌーピー展〜しあわせは,きみをもっと知ること〜 [日記]

先ほどのエントリ(TLI交流会@海浜幕張)は23日のお話。その日は懇親会もあり,そのまま海浜幕張で泊まり,24日に大阪に帰る予定でした。

朝からフリーなので,帰りに銀座・ITO-YAさんでも寄ろうかな…と思っていたのですが,ふと思い出したのが,「スヌーピー展」の話。

「スヌーピー展 しあわせは,きみをもっと知ること」
http://www.snoopy-exhibition.jp

場所は六本木ヒルズ,森タワー。おお,六本木かぁ。。。行ったことがないなあと思いながらも,路線検索してみると京葉線・八丁堀駅から日比谷線に乗り換えたらすんなり行けるみたい。

よし!ここだ!ということで,いそいそ♪うきうき♪と行ってきました。

会場に着いたのは10時ちょっと前でしたが,平日であるにも関わらず結構混雑していました。特に最初の展示のところはぎゅっと詰まった感じでした。小学校はもう冬休みに入っていたのかもしれません。親子連れが目立ちました。子供達が熱心に見ている様子が印象的でした。

入場料2,000円というのは,例えば「xxxx美術館展」などと比べてみるとちょっと高い気がしますが,その金額に見合った分,十分に堪能することができました。
数多くの貴重な原画を見ることができ,またスヌーピーやチャーリーその他のキャラクター達がどのように生まれ,どのように漫画の中で成長していったのかが良く分かりました。

PEANUTSは本当に永遠だなぁとあらためて感じました。

最後のコーナーだけは写真撮影がOKです。
スヌーピー展01.jpg

スヌーピー展02.jpg

最後のグッズ売り場は…危ない,危ない。マグカップなどなど欲しくなるものがいくつもありましたが,おとなしく図録とポストカード数枚,ちょっと面白そうなスタンプだけ購入。
それでも「あらら,ちょっと使ってしまったな[たらーっ(汗)]」というぐらいのお値段になりました。

スヌーピー展03.jpg

PEANUTSは深読みしたら哲学的だし,さらっと読んでジョークとして味わうこともできる。子供から大人まで楽しめる素晴らしい漫画ですね。

以下,今回の展示の中で一番好きだった漫画から(図録p107所収。絵は省略)

Charlie: I don't know.. I always feel sort of sad when I see the sun go down.
Snoopy: Like when you've eaten the last cookie..

チャーリー:どうしてかなあ・・日が沈むのを見てるといつも悲しくなる・・/
スヌーピー:クッキーの最後のひとつを食べた時みたいにね・・

(July 18, 1990 訳:谷川俊太郎)

会期も残り少ないですが,機会があれば是非足をお運びください。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。